So-net無料ブログ作成

狼と香辛料 / 支倉 凍砂 [国内作品]


狼と香辛料 (電撃文庫)

狼と香辛料 (電撃文庫)

  • 作者: 支倉 凍砂
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2006/02
  • メディア: 文庫


ライトノベルに新しい風!ということですが、そこまでライトノベルを読んでいるわけではないからか、単なる鈍感というか、ふ~ん、そうなの・・?という感じでした。まあ確かに、経済が絡んでくるなんて、珍しいかもね。

最初読んだ時にまず思ったのは、「年下なのにすごいなあ」でした(笑)。
まあ、私も年齢を重ねてきたので、年下の作家が出てくるのは当然なのですが。
経済の仕組みとか、私なんてどちらかというと疎いほうだと思うし(経済学系の参考書とかを読んでも、なんとなく分かった気になるけど実はわかっていない)、言葉も難しい単語とか使われていたりするし。

そして、そういうところが中世っぽい雰囲気に相まって、好きなんだけどね。そう、その設定も好み。
ファンタジーは、中世の雰囲気がいいです。ドラクエとかもね。近代的なのはイメージが・・。
ホロの言葉遣いも特徴的。「わっち」とか「ありんす」とか。

ロレンスとホロのやりとりが、やりすぎかと思うくらい、かけ引き重視なのよね。~したら負け、みたいな。商人はそんなに気にするものなのかな。

全17冊。うち3冊(epilogueも含めれば4冊)が番外編(短編~中編)。番外編はside colorsと名の通り、各作品のタイトルに色が入っています。
16の最後では、15の最後での予想を裏切ってずっと2人で旅を続けるのかと思いきや、17のエピローグでは、あれ、結局店を持つことにしたの、と読みは外れまくり(^^;どんな店かというのも意外。商人といえば商人、商売には違いないけど、行商人だったのに物を売らないのかい!物ではないものを売るところが、ホロと共に生きることにしたロレンスならでは・・?いや、つながらないけどね。

私的には、このエピローグは2編とも大好きです。
タグ:支倉凍砂
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。