So-net無料ブログ作成

エリザベス一世―大英帝国の幕あけ / 青木 道彦 [歴史の本]


エリザベス一世―大英帝国の幕あけ (講談社現代新書)

エリザベス一世―大英帝国の幕あけ (講談社現代新書)

  • 作者: 青木 道彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2000/01
  • メディア: 新書


エリザベス女王といえば、絶対王政の代表のように思っていたけれど。
統一法によるイギリス国教会の確立。救貧法。
アマルダ海戦といい、アメリカのヴァージニアといい、東インド会社もこの時代だっけ、まさに「大英帝国」のはじまりのイメージゆえに。
なんか、積極的というか、行動的な人なのかと思っていたら。
そんな絶対主義にイメージされるような、ワンマン的な感じはしない(私の勝手な思い込みか)。

幼い頃から、政治の中心からは離れて生活し、姉(ブラッディ)メアリの時代には、命を狙われていることを感じ、カトリックに改宗したようにみせかけていた。
あまり幸福であった感じはしない。

アマルダ海戦や、スコットランドのメアリ・スチュアートの処刑も、自ら進んでしようとしたのではなく、なるべくなら避けたがっていたようだ。
結婚も、結局はしなかったが、政治のかけひきに利用しようとしていたようだし。
結婚せず子供を残さなかったため、テューダー朝最後の王となる。

即位の時から国民に愛される術を心得ていたというし、国家と結婚したというのも、あながち間違いでもないかもね。

※これも、図書館の本で読んだけれど、講談社現代新書って、表紙変わったんだよね。
Amazonのリンクを入れようとして、この本であっているんだっけ?と不安になりました。
本屋さんで並んでいるのとかを見ても、変わったな~とは思っていたけれど。
前のクリーム色の方が好きだな~。
タグ:青木道彦
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

ツキクサ

はじめまして。「フランバーズ屋敷」に
興味を持ち、感想を検索して、
こちらにたどり着きました。
参考になりました、ありがとうございます
他に紹介されている本も、
私も好き&好きそうで楽しく読みました
児童文学と少女漫画が、お好きでしたら
「コルセットに翼」(もとなおこ)という漫画
は、ちょっとおススメです。
英米の児童文学・少女小説的な話を
現代の少女漫画的に書きましたという
感じで、面白いです
by ツキクサ (2009-06-28 13:10) 

あきえもん

ツキクサさん、はじめまして。
コメントありがとうございます!

「コルセットに翼」ちょっと検索してみたら、なかなか面白そうですね。私の好みにあってそうです。
今度本屋さんに行ったときに、探してみようかな。

本の紹介までして頂いて、嬉しかったです☆
ありがとうございました。
by あきえもん (2009-06-30 18:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。